虫歯を治す

虫歯のチェックポイント

  • 歯に茶色や黒色の着色がないかどうか。
  • 歯に穴があいていないか。
  • 歯に詰めた金属と歯の間に隙間ができていないか。
  • デンタルフロスが引っかかかったり切れたりしないでスムーズに通るかどうか。
  • もちろん、目でみて穴があいていたら、すでに虫歯です。

治療方法

治療には、大きく分けて歯髄(「しずい」・歯の神経)に手を付ける場合と 手を付けない場合とに分けられます。
齲蝕が、神経(歯髄)に達しているか否かで治療が分かれます。

次に進行のステージを表した図で説明します。

手を付けない場合(保存修復)
C1 C2



これは上の図でC2 までが対象となります。
これには被せる・詰める、の二種類があります。
  • 被せる:これは金属の冠を被せる治療です。
    覆う部分の分量によって、全部被覆冠と部分被覆冠とに分かれます。

    基本的には歯の周囲を削って、そこを覆うような形の冠を作り、 それを被せる治療です。
    削った後、型を採って(印象採得)次に被せ物を入れるのが普通です。
       かつては、既製の金属冠を被せる治療方法が一般的でした。

       材質等、詳しくはこちら

  • 詰める:これはまた二つに分かれます。
  1. インレー(削った日は印象を採り、次回詰め物を入れる)
    材質等は、被せる場合と殆ど同じです。
  2. 練成充填(セメント・レジン・アマルガム等を詰める)

手を付ける場合(歯内療法

C3 C4


これは上の図でC以後が対象です。
ただCの場合は、すでに抜歯の対象となる場合もあります。

全部終わった後は、修復に戻ります。
  • 船橋市・歯科・口腔外科・インプラント・小児歯科:高木デンタルクリニックのホームページへ
  • TOP
  • 口の中の様子
  • 歯の構造
  • 虫歯の成り立ち
  • 虫歯を治す
  • 歯ぐきの病気を治す
  • 失った歯を入れる
  • インプラント
  • 物がはさまる
  • 口腔外科
  • 小児歯科
  • 虫歯の予防
  • 歯並びを治す
  • インプラント矯正
  • 審美歯科
  • 口臭
  • メール